研修医:宮崎

──まず最初に、先生が医師を目指されたきっかけから伺いたいのですが。

一目惚れで決めました。

宮崎:最初、私は看護師さんになりたくて、高校に入るまでは看護師を目指してたんです。けれども。小さいときからかかりつけの小児科があって、で、そこのおじちゃんの先生なんですけれども、高校になってもすごくよくしてくださって。で、その方に何か憧れを抱いてたのが元々なんですけれども、その方が進学のときに、「香織ちゃん、お医者さん目指したら」っていうふうに言ってくださって、「ああ、じゃあちょっと頑張ろうかな」って思って、高校に入ってから医学部を目指すようになりました。

──そうですか。そういったきっかけの中で、なぜ、沖縄協同病院で研修のほうを始めようと思ったのか、始めたきっかけは。

宮崎:きっかけはですね、もともと沖縄で働きたいっていうのはあって、出身は宮崎で、大学が佐賀県なんですけれど、それで、いざ初期研修をするってなったときに、佐賀県でもなくて、宮崎県でもなくて、どこか別の土地に行きたいっていうのが最初あって。で、沖縄っていうのがまず、季候も土地も好きですから……。で、大学6年の夏に沖縄の病院を回って、研修病院を探そうと思って、一番最初に来た病院がここで。で、2日間、見学させていただいたんですけれども、もうけっこう衝撃っていうか、¨一目惚れ¨みたいな感じで、こんなにこう雰囲気が良くて、あったかい臨床研修病院があるんだっていうのを驚いて、もうほかは回らず、ここだけにして(笑)

──1軒目で決めたんですか?

宮崎:1軒目でもう決めて、マッチング試験も受けて。決めて帰りました(笑)

──へえ。運命的な一目惚れだったんですね。その一目惚れの大きな要因としては、やっぱり雰囲気でしょうか?

宮崎:もう雰囲気ですね。いろいろ研修病院って研修のシステムとか、プログラムとかいろいろあるんですけど、やっぱり最後は雰囲気が大きい。

──例えば、その雰囲気を具体的に言うと?

宮崎:具体的に言うと、スタッフの方ですね。大学病院だとドクターとしか話さない、研修医はあんまり。看護師さんは怖い存在で、そして、ましてやPT、OTさんはちょっと遠い存在で。で、うちの病院はまずはそんな別にドクターとか、看護師さんだからとかいう垣根がなくて、みんなで研修医を育ててくださる感じがすごく伝わってきて。すごくバックアップを感じました。

──なるほど。応援してくれてるなっていうのを感じれたということですかね。

宮崎:そうです。

──確かに、それは一目惚れしますね、絶対。

宮崎:はい(笑)