かつての日本の「731部隊」、ドイツの「アウシュビッツ強制収容所」
人命を守るべき医師・医学者の「戦争医学犯罪」の教訓と課題は何か。
医師、医学生のみなさん、いっしょに考えてみませんか
【日時】2012年11月17日(土)午後3時〜
【会場】京都大学 百年記念ホール
【パネリスト】Till Bastian(ドイツ) 刈田 啓史郎(日本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>