将来、医師として「在宅医療にかかわりたい」、「地域に根ざした医療がしたい」、「一人一人の患者さんとしっかり向き合いたい」と考えている学生さんは特にお待ちしております。

講師は社団法人福岡医療団 千代診療所にて在宅医療を専門に活動する長谷川久美医師です。

日 時 : 2013年1月9日(水) 19:30~(夕食つき)

場 所 : 佐賀大医学生サポートセンター

       佐賀市鍋島6-1-9徳島マンション103号

講 師 : 長谷川久美医師 

       社団法人福岡医療団 千代診療所

参加料 : 無料

 

*当日の準備等がありますので、なるべく事前にご連絡ください。

 

【申し込み・問い合わせ】

福岡・佐賀民医連 佐賀大医学生サポートセンター(担当:猿渡・高瀬・小森)

TEL・FAX : 0952-33-3084

saga-b@sepia.ocn.ne.jp

 

医師プロフィール : 東京農工大学農学部林学科卒業後、山の測量に従事、その後宮崎医科大学入学、2000年卒業38歳で医師となる。東京民医連の中野共立病院に就職、病棟、救急、外来、往診を中心に医療活動を行う。 同院系列の江古田沼袋診療所の所長に就任後、2009年から福岡民医連の千鳥橋病院へ。医師人生13年目、在宅に対する思いは人一倍強いドクター。

HPH : 患者の健康だけでなく、医療スタッフや地域住民に対しても健康増進活動をすすめていくWHOが提唱する国際的な病院ネットワーク (2012年7月現在世界で884施設が加盟。日本では5施設が加盟。)

千鳥橋病院は、日本で第1号のHPH(健康増進活動拠点病院)に認定され、地域丸ごとの健康づくりと、民医連の理念である「無差別平等の医療」を実践しています。

【案内文】
患者の鎮静はERや集中治療室などで、よく必要となるスキルですが、体系的に
教育を受ける機会はほとんどありません。
昨年、米国New Mexico大学より講師を招聘し開催したコースを基に、第2回を
開催することになりました。コースは講義と実習からなり、1日で鎮静に関する
理論と実践を学ぶことができます。
今回は、大手町病院内と一般公募で参加者を募集いたします。この機会に是
非、奮ってご応募くださいますよう、ご案内いたします。

【概要】
日時:2013年1月26日(土)9:00〜17:00
場所:健和会大手町病院(※具体的な場所は追ってご案内します)
対象:医師・または初期、後期研修医
費用:(医師)8000円、(初期研修医)5000円
※資料代、弁当代、その他経費
※交通費等の旅費は各自でご負担下さい。

【参加申込】
定員:16名になったところで締め切らせて頂きます。
申込方法: 添付の申込書で、記載の連絡先までご送信下さい。
申込み書