4月に移転し広くなった福岡民医連九大医系学生サポートセンターで、九大新歓企画シリーズ第1弾として、「ホームレス医療支援~ホームレスを取り巻く環境~」の講演会を行いました。

講 師:抱樸館福岡 館長 青木康二さん 

テーマ:「絆が人を活かすから」

施設建設までの苦労や福岡市におけるホームレスの現状、利用者の手紙などをご紹介いただき、ホームレスを取り巻く環境を学んだ後、参加者(九大の医学生や留学生、九大職員、千鳥橋病院医師・看護師など)で博多区冷泉公園に移動し、ホームレス医療支援活動を行いました。

【参加者の感想】

・抱樸館が支援の取り組みを続け、福岡市が紹介するようになることに驚いた。

・ホームレスとハウスレスの違いの話が興味深かった。

・知的障害を持った方がホームレスになる事例を聞き驚いた。

・日本では障害を認められる人数が少なすぎると思った。

■抱樸館福岡とは、仕事・住まい・人との絆を失った人々の自立を支援するための施設で、

 社会福祉法人グリンコープが運営する第2種社会福祉事業、無料低額宿泊施設。

http://www.fukushi-greencoop.or.jp/hbk-fukuoka/01towa.htm

今後の新歓企画

4月18日(木)18時~「被災者の講和と医学生のボランテイア活動」

http://www.chidoribashi-resident.jp/blog/2013/04/post-39.html

5月25日(土)九州北部豪雨被災地にボランティアに行こう

*時間未定(詳細が決まりましたらブログ、FBでお知らせします)

 

「東日本大震災から2年・・・被災者の講和と医学生のボランティア活動」をテーマに下記の要領で行います。多数のご参加をお待ちしています。

 

 

日 時:4月18日(木)18:00~20:00

場 所:福岡民医連九大医系学生サポートセンター

福岡市博多区千代4-29-25 グリンパーク1階A

(病院通り、九大馬出キャンパス正門を出て右手に徒歩2分)

参加費:無料

テーマ:

1. 千鳥橋病院が取り組んだ被災地支援

講師:有馬泰治医師 (千鳥橋病院総合内科病棟医長)

2. 医学生のボランティア報告「自分自身にできること~東日本大震災を受けて~」

講師:九州大学医学生(東北復興九大チームこのゆび代表、NPO法人底上げ理事)

3. 群馬県館林市から福岡に避難した母親の講和

講師:ふわりネットワーク福岡代表

130418学びイロイロチラシ

【お申込み・お問い合わせ】 千鳥橋病院 医学生担当:今井・山北

TEL:092-651-2167(直通)

Email:igakusei@fid.jp

こくちーず(告知’s)申し込みフォーム

http://kokucheese.com/event/index/84982/