リアル離島医療体験ツアー in AMAMI ~離島で働くということ~
日時 2014年8月24日(月)18時鹿児島発 ~ 29日(金)9時鹿児島着
定員 医学科生10名(鹿児島大学7名、県外大学3名)
参加費 12,000円
主な企画内容
・ケースワーク(在宅患者さん宅へ聞き取り訪問)
・医師による特別講演
・自然、文化体験

詳細は鹿児島民医連ホームページへ

 

 

 

 

「東日本大震災から2年・・・被災者の講和と医学生のボランティア活動」をテーマに下記の要領で行います。多数のご参加をお待ちしています。

 

 

日 時:4月18日(木)18:00~20:00

場 所:福岡民医連九大医系学生サポートセンター

福岡市博多区千代4-29-25 グリンパーク1階A

(病院通り、九大馬出キャンパス正門を出て右手に徒歩2分)

参加費:無料

テーマ:

1. 千鳥橋病院が取り組んだ被災地支援

講師:有馬泰治医師 (千鳥橋病院総合内科病棟医長)

2. 医学生のボランティア報告「自分自身にできること~東日本大震災を受けて~」

講師:九州大学医学生(東北復興九大チームこのゆび代表、NPO法人底上げ理事)

3. 群馬県館林市から福岡に避難した母親の講和

講師:ふわりネットワーク福岡代表

130418学びイロイロチラシ

【お申込み・お問い合わせ】 千鳥橋病院 医学生担当:今井・山北

TEL:092-651-2167(直通)

Email:igakusei@fid.jp

こくちーず(告知’s)申し込みフォーム

http://kokucheese.com/event/index/84982/

 

 

県連基礎研修委員会では、佐々木隆徳 先生 (宮城民医連・坂総合病院) を講師にむかえて、「災害医療」をテーマに本年度第2回目の研修医セミナーを開催します。研修医のみならず、指導医の先生方の参加もお待ちしています。

◇日 程:3月2日(土)15:00~17:30
場 所:健和会大手町病院 複合施設 2 階

(地域交流スペース) テーマ:「災害医療」

講 師:佐々木隆徳 先生 (宮城民医連・坂総合病院)

2012年度に入職した研修医3名が、研修のまとめとしても位置づけ、この1年間を通して「心に残った症例」の発表会を行います。

1年間の研修ローテートにあたり、各職場で多職種の方々に助けられ、多くのことを経験できたと思います。

今回の「心に残った症例」発表会を行うにあたって、経験できた学びを発表できればと考えています。医学生の皆様のたくさんのご参加をお待ちしております。

 

日  時 : 2013年2月20日(水) 17:30〜

場  所 : 千鳥橋病院 FHKビル 3階会議室 (薬局の建物 3階)

発表者 :1年目研修医3名

大塚峻央・嘉藤小枝子・長浦善一郎

 

当日は、1つのケースをもとに、臨床倫理4分割カンファも予定しています。

 

コメンテーター : 九州大学 医学研究員 医学教育学部門 助教 菊川 誠 医師

 

申込み・お問合わせ : 千鳥橋病院 医局事務  研修担当 松尾・柴田

TEL:092-651-2155

「Not 御用学者」系の科学者、今井哲二(京都大学原子炉実験所助教)の講演会です。
平和のための戦争展ふくおか反核医師の会とのコラボ記念講演です。
「フクシマ原発事故と私たちの未来」
講師 今中哲二(京都大学原子炉実験所 助教)
【とき】9月1日(土)16:00〜17:30
【ところ】アクロス福岡2Fセミナー室2

ふくおか民医連・医系学生新歓企画

『学びイロイロシリーズ』を開催しています!

【第1回】ホームレス医療支援 → 終了しました!

【第2回】東日本大震災から1年

と き:4/12(木)18:00〜

ところ:九州大学医学部百年講堂

福岡市の千鳥橋病院から、震災2日後に現地に駆けつけた医師からのレポート。現在、福島、宮城、岩手の東北3県を中心に、ガレキやヘドロの除去、放射能の除染や子どもたちのキャンプなど多岐にわたり支援している小玉直也さん(NPO Earth Walkers代表)にお話を聞きます。

 

【第3回】自然エネルギーを考える・九重八丁原地熱発電所&温泉ツアー

と き:4/21(土)9:00 九大サポートセンター集合

ところ:九重八丁原地熱発電所

地熱分野で日本最大の電力量を誇る八丁原地熱発電所。活火山である九重連山にほど近く、地熱によって加熱された高温の蒸気を利用して発電をおこなっています。温泉でくつろぎ、山の食材を使ったランチも楽しめます。

 

【第4回】ホスピスの現場から

と き:5/12(土)10:30〜(10:00 九大サポートセンター集合)

ところ:たたらリハビリテーション病院(東区八田)

たたらリハビリテーション病院の緩和ケア病棟では、がん患者さんの身体や心の痛みを和らげることを目的とし「その人らしくありのままを大切に」をモットーに、患者さんの希望を尊重したケアをおこなっています。平田済院長より講義を聴き、緩和ケア病棟の見学をおこないます。

【第5回】ブエナス!Cuba!〜世界がキューバ医療を手本にするわけ

と き:5/18(金)18:00〜

ところ:サンチョ・パンサ(SANCHO PANZA・福岡市中央区大名1-15-11-5F)

福岡から13,000km離れたキューバ。日本に比べ経済的に貧しい国ですが、医療費や教育費はすべて無料。特に医療分野では予防に力を入れており、独自の薬やワクチンの開発をおこなっており、平均寿命も78歳と高い水準です。キューバへ医療視察に行った若手医師がレポート。南米料理を楽しみながらの企画です!

*参加ご希望の方は事前にお申し込みください。参加したい企画名、氏名、学部・学年、連絡先をメールにてお知らせください。Twitterでも最新情報をつぶやいています!

Email:igakusei-support@bz03.plala.or.jp
Twitter:@kyudaiigakusei

NO! NUCLEAR WEAPONS & POWER PLANTS
3.11東日本大震災から1年過ぎました。放射能汚染への不安、一方で原発再稼働の動き、このままでいいはずがありません。核兵器も原発もない社会をいっしょに考えませんか。医学生の方の参加も大歓迎です。
2012年6月10日(日)9:30~ 平和と労働センター(文京区湯島)
問合せ連絡先
QOKI医師研修センター 092-483-0431 info-dr@qoki.jp まで

新入学おめでとうございます。新歓企画で「ER体験」やってます。
年間救急車搬入台数6000台の当院救急外来を見学しませんか。
いのちをまもる最前線で働く医師たちの姿をみて、いっしょに地域医療を考えてみましょう。
期間=4〜5月 *1日定員2名まで。
問合せ連絡先 大手町病院医学生課 093-592-3325
igakusei@kenwakai.gr.jp